森 稀沙南

INTERVIEW

Kisana Mori

企画 2017年入社

森 稀沙南

Eggsで実施するオーディションやキャンペーン等、各種施策の企画・運用・プロモーションや、Eggs(Web)で展開するインタビュー・コラム・レビューなどの原稿作成を担当。

また、WIZYとEggs、dヒッツとEggsの連動施策運用や、Eggsアプリのアクティブ率向上・UI改善、新機能の企画・検討・提案などにも携わっています。

  • Q1 レコチョクで働きたいと思ったワケは?
  • A1 レコード会社や携帯キャリアと強靭なパートナーシップがあり、最先端のIT技術も保持するレコチョクは音楽業界でもかなり特殊な立ち位置です。だからこそ、ただ音楽を届けるだけではない「次世代の音楽サービス」を創り上げ、音楽を志す若者やアーティスト、そして音楽ファンへ新たな付加価値を提供できるのではないかと考え入社を決意しました。

    森稀沙南 森稀沙南
  • Q2 いままでで印象に残っているプロジェクトは?
  • A2 以前在籍していたWIZYでは、主にインディーズのロックバンド案件を担当していました。アーティストとの距離も近く、非常に印象強いプロジェクトばかりです!!
    アーティストとともに企画を考えることもあり、紆余曲折を経て完成したプロジェクトが成功したときは、毎度達成感で感極まるものがありました。
    また担当していたアーティストの方々が直々に「ありがとう」と言ってくださった貴重な経験は、入社1年目だった私にとって大きな自信となりました。

    森稀沙南 森稀沙南
  • Q3 レコチョクで働いて良かったと思う時は?
  • A3 『音楽に関することしかやらない、逆に音楽に関することならなんでもやってみよう』というスタンスの社風です。様々な観点から“音楽”を取り巻く現状や業界の動向、サービスについて学ぶことができるので日々勉強になります。
    また、若手にも発言の場が多く与えられ、積極的にアウトプットできる環境が整っているのも良い部分だと思います。

    森稀沙南 森稀沙南
  • Q4 今注目していることは?
  • A4 音楽周辺のエンターテインメント業界で活躍するクリエイターの作品です!
    特にファッションやグラフィックデザインに興味があるので今後は関連する技術的なスキルを学んでみたいなぁ…なんて、漠然と思っています。笑
    もちろん、Eggsに携わっているのでインディーズ・アマチュアアーティストへも意識的に注目し、情報収集を心がけています。もともとインディーズバンドが好きだったので、今の環境はとても恵まれていると日々感じています。

    森稀沙南 森稀沙南
  • Q5 お気に入りの場所や時間は?
  • A5 時間があるときにはよく銭湯やサウナに行きます。
    週に3回は必ず行っていて、複数の銭湯を巡ることもあります。
    頭を空っぽにして湯船に浸かった次の日は、仕事も捗る気がするんですよ~!笑
    最近は、昔から日本に根付いてきた“銭湯”の魅力が再発見されて若者が中心となり、新たな銭湯文化を発信している点も非常に面白いと思います。

    森稀沙南 森稀沙南
  • Q6 みなさんへのメッセージ
  • A6 レコチョクは音楽市場の活性化・最大化を目指して真剣に課題と向き合い、チャレンジを続ける会社です。音楽への情熱や想いが強く、既存の枠にとらわれない挑戦をしたい方にはぴったりだと思います!
    私自身、「好きこそ物の上手なれ」の精神で音楽業界一択の就職活動をしてきました。
    自分が成し遂げたいことを明確に描き、夢中になれることを探して突き進んでください。
    応援しています!

    森稀沙南 森稀沙南
森稀沙南 森稀沙南