平野加奈恵

INTERVIEW

Kanae Hirano

企画 2016年入社

平野加奈恵

レコチョクで「アーティストとファンをつなぐ架け橋になりたい」と思い入社した新卒3期生の企画スタッフ。

現在は、レコード会社との各種調整、アーティストのイベント企画・運営を主に担当。
入社前に思い描いていた「自ら考えた企画でアーティストがより輝けるような場を創りあげたい」と考えています。

  • Q1 レコチョクで働きたいと思ったワケは?
  • A1 自分の好きなアーティストが周りに知られていないことが多く、「アーティストと人をつなぐ架け橋になりたい」と思ったことがきっかけです。様々なサービス・新しいことに挑戦しているレコチョクでは、全てのレコード会社と仕事をしているので多くのアーティスト・音楽と携われると感じて入社を決意しました。

    平野加奈恵 平野加奈恵
  • Q2 いままでで一番印象に残っているプロジェクトは?
  • A2 dヒッツで家入レオさんにご協力いただき、実現した「レオヒッツ」です。dヒッツを家入レオさんがジャックしたような仮想ページを作りました。独占インタビュー、アーティスト自身が選曲したプレイリスト、サイン入りプレゼントなど、家入レオさんに全面協力いただき、実現できたこのプロジェクトは、当時入社一年目だった私にとって自信にも繋がりました。

    平野加奈恵 平野加奈恵
  • Q3 レコチョクで働いて良かったと思う時は?
  • A3 一年目でも大きなことに挑戦できる環境です。前記させていただいたレオヒッツに関しても、常日頃上司が企画を考える場を設けてくれて、実現できた企画でした。普通は、上司・先輩の姿を見て学んでから二年目以降に企画…という流れが通常だと思いますが、レコチョクでは社歴に関係なく一年目でも声をあげれば、行動に移せる環境が整っていると思います!

    平野加奈恵 平野加奈恵
  • Q4 いま注目していることは?
  • A4 新人アーティストによく注目しています。私自身、プライベートでフェスによく行くので、タイムテーブルなどを良くチェックして、最近名前を聞くようになったアーティストや、反対に全く聞いたことのないアーティストのステージを見に行って、アイデアの参考にしています。

    平野加奈恵 平野加奈恵
  • Q5 お気に入りの場所や時間は?
  • A5 お昼に時間があるときによく「Ampere」というカフェに行きます。会社から少し歩きますが、特にカフェラテがおいしくてオススメです!

    平野加奈恵 平野加奈恵
  • Q6 みなさんへのメッセージ
  • A6 私自身、就活の時に「音楽業界は特別な才能がある人しか入れない業界」と決めつけていましたが、全然そんなことはありません。一番大切なことは「自分の思いを表現・発信する」ことです。自分がどういう思いを持って・何をしたいのか、しっかりと言葉にして伝えられる様、がんばってください!

    平野加奈恵 平野加奈恵
平野加奈恵 平野加奈恵