小林真弓

INTERVIEW

Mayumi Kobayashi

エンジニア 2017年入社

小林真弓

新卒女性エンジニアとして2017年に入社。
開発するだけではく、エンジニアとしての技術力を身につけ、将来はサービスの企画等をエンジニアの立場から提案することを目標に日々の業務に邁進中。
元々は大学の研究でデザインを勉強していたが、OJTによりプログラミングの知識を身につけて、社内を活性化するためのツールを開発しています。

  • Q1 レコチョクで働きたいと思ったワケは?
  • A1 学生時代は主にデザインの勉強をしていたため、就職活動では、広告業界やメディア業界を中心に、エンジニアとしてのみならず、様々な職種を検討していました。その中でレコチョクを見つけ、「IT技術を用いて音楽の新しい楽しみ方を提供する」というビジョンに惹かれ、入社を決意しました。

    小林真弓 小林真弓
  • Q2 入社する前と、入社した後で印象は変わった?
  • A2 入社前は音楽業界ということもあり、企画側がメインの会社だという印象を持っていました。しかし、いざ入社してみると、想像していた以上にエンジニアの育成や起用にとても力を入れている会社だなと感じています。また、エンジニア=パソコンに向かってカタカタしているイメージがあったのですが、プロジェクトをどう進めていくかなど、コミュニケーションを多くとる場面があり、他部署も含め、人との関わりが多い会社だと感じています。

    小林真弓 小林真弓
  • Q3 レコチョクで働いて良かったと思う時は?
  • A3 音楽との距離が近いことです。オフィス内で社員が考えた楽曲プレイリストが流れていたり、ブース出展の手伝いとして夏フェスに行けたりするのはやはり音楽業界ならではの点だと感じています。また、社員の根底に「音楽が好き」という気持ちがあり、自分が知らなかったアーティストや楽曲についての話を聞く機会が多く、今まで以上に音楽が好きになりました。

    小林真弓 小林真弓
  • Q4 いま注目していることは?
  • A4 小学校でのプログラミング教育必修化が決定になったことです。最近は子ども向けのプログラミングイベントや、ロボットプログラミングのように、楽しみながら学べる教材が多く存在します。私は大学に入ってからプログラミングを学び、楽しさに気づくことができました。男女問わず、小学生の頃から少しでもプログラミングに触れ、興味を持ってもらうことで将来の選択肢の1つになればと思います。

    小林真弓 小林真弓
  • Q5 お気に入りの場所や時間は?
  • A5 TINTO COFFEEさんという青山学院大学の裏手にあるコーヒーショップです。お昼は同期とお弁当を食べることが多いので、テイクアウトしてオフィスで飲んでいます。一杯ずつバリスタさんが丁寧にハンドドリップしたコーヒーを飲むと午後も頑張ろうという気になります。他にもオフィスの近くにはコーヒーショップが多くあるので、色々なお店を巡るのもとても楽しいです。

    小林真弓 小林真弓
  • Q6 みなさんへのメッセージ
  • A6 新卒研修を始め、勉強会や研修などの費用のサポートが充実しているなど、エンジニアとして働く環境がとても整っている会社だと思います。また、社歴・職種に関係なく、発言に対して真剣に耳を傾けてくれる、応援してくれる環境が整った会社だと感じています。音楽×ITというテーマで新しいことをしたい、音楽業界をもっと盛りあげていきたい方をお待ちしております。

    小林真弓 小林真弓
小林真弓 小林真弓