伊藤彰孝

INTERVIEW

Akitaka Ito

企画 2014年入社

伊藤彰孝

新卒1期生として入社した企画スタッフ。
就職活動中に「音楽を通じて世の中の人々をHAPPYにしたい」という会社説明文に共感を覚えて入社。

現在は「みんなの夢をかたちにしよう。」というコンセプトの新サービスWIZYにて、アーティストやファンの気持ちに寄り添うような企画を検討から実施まで担当。

  • Q1 レコチョクで働きたいと思ったワケは?
  • A1 折角なら楽しそうなことや好きなことを仕事にしてみたかったからです。
    大学時代に就活を行う中でたくさんの企業研究を行い、「今までバンドもやっていたし、好きなことを仕事にしてみよう!」と思い、音楽にがっつり携われるレコチョクに決めました。

    伊藤彰孝 伊藤彰孝
  • Q2 入社する前と、入社した後で印象は変わった?
  • A2 変わりました。
    こんなにも社員一人一人の距離感が近く、風通しが良いとは思っていませんでした。
    同好会なども盛んで、休日は先輩方とサーキットでカートレースなど楽しんでます!

    伊藤彰孝 伊藤彰孝
  • Q3 いままでで一番印象に残っているプロジェクトは?
  • A3 レコチョク・ラボに在籍していた期間があり、その時に携わった新規サービス開発プロジェクトです。
    学生さんにも協力いただき、AR技術を活用したグリーティングカード「Magic Message」を開発して販売しました。
    新しく創るということに高い壁が沢山ありましたが、それを乗り越える苦労と達成感は今でも印象に残っています。

    伊藤彰孝 伊藤彰孝
  • Q4 レコチョクで働いて良かったと思う時は?
  • A4 ちょっとした時の雑談や、飲み会など、人と接している時です。
    私は働くうえで重要なのは人間関係だと思っています。いくら楽しい業務内容でも人間関係が上手くいかなかったら、働くのが辛くなると思っています。なので、気軽に話ができる人が周りにいるこの環境にとても助けられています。

    伊藤彰孝 伊藤彰孝
  • Q5 みなさんへのメッセージ
  • A5 レコチョクは他の会社と比べると年齢や立場による制限も少なく、積極的な発言を尊重してくれます。
    音楽と一緒に何かやりたい!など目標を持っている方には、是非挑戦していただきたいです!
    一緒に面白いことやりましょう!

    伊藤彰孝 伊藤彰孝
伊藤彰孝 伊藤彰孝