重康京子

INTERVIEW

Kyoko Shigeyasu

企画 2009年入社

重康京子

Webサービス系業界から転職して途中入社した入社8年目の企画スタッフ。

「新しいサービスの立ち上げを体験したい」という想いからレコチョクに。その期待通り、新規事業立ち上げプロジェクトなどに参画し、サービスの成長に大きな力を発揮。

現在は大手キャリアのクライアントの専任担当として重要な役割を担う。クライアントや広告代理店の担当者とともに、テレビCMと連動したプロモーションなどを成功させる手腕は社内でも注目の的です。

  • Q1 入社する前と、入社した後で印象は変わった?
  • A1 音楽業界ということで、どちらかというと派手なイメージを持っていたのですが、入社後に感じたのは「仕事に対して真面目な人たち」の集団だということです。「とにかくサービスを良くしていこう」という一体感があります。中途入社の社員が多いこともあり、仕事に対してプロフェッショナルな印象ですね。趣味やプライベートで個性的な社員が多いのは、入社前のイメージ通りです(笑)。

    重康京子 重康京子
  • Q2 いままでで一番印象に残っているプロジェクトは?
  • A2 NTTドコモさんと協業しているdヒッツというサービスのプロモーションです。規模の大きなプロジェクトをやりきった後にはとても達成感があります。たとえば、テレビCMと連動し、Webサイトやプレスリリースの出稿をディレクションしたりするのですが、プロモーションの反響も大きく、しっかり成果も出たのでほっとしました。様々な部署の協力を仰ぎながら進めなければならないので、プロジェクト終了後はあらためて協力してくれた皆さんへの感謝の気持ちが湧き上がりました。

    重康京子 重康京子
  • Q3 レコチョクで働いて良かったと思う時は?
  • A3 良かったなと思うことは居心地の良さですね。会社の規模や社員数が「ちょうど良い」のだと思います。大きな組織に比べて、とにかく抜群に風通しが良い(笑)。社内にフリースペースも多いので、カジュアルにスタッフを掴まえて「ちょっとこの件いい?」なんていう相談も気軽にできます。上司でも他部署でも、とにかく話がしやすいです。

    重康京子 重康京子
  • Q4 お気に入りの場所や時間は?
  • A4 ランチなら「おまかせ亭」という洋食屋さんがオススメです。あまりレコチョクの社員と遭遇することはないのですが、穴場だと思います。お店のおじさんが気さくでアットホーム。最後におまかせのデザートが出てくるのもオススメのポイントです。

    重康京子 重康京子
  • Q5 みなさんへのメッセージ
  • A5 レコチョクは活発で行動力のある人が仕事するには気持ちの良い環境だと思います。社員の距離が近いので、ありがちな煩わしい根回しなどは不要で、アウトプットに集中して仕事ができる。様々な業務がスピード感をもってどんどん進んでいきます。アウトプットに集中して仕事ができるので、企画やプランニングのクオリティを上げたい人、もっとパフォーマンスを発揮したいと思っている人や、特定分野に限らず幅広い視野をもって仕事を進めたいと思っている人にはレコチョクをオススメします。

    重康京子 重康京子
重康京子 重康京子