氏川博光

INTERVIEW

Hiromitsu Ujikawa

エンジニア 2014年入社

氏川博光

レコチョクが新卒採用を始めた1期目にあたる入社3年目のエンジニア。

「自分がいま、リーダーシップを強く求められていると感じる」と語り、責任とやりがいの高まりをひしひしと感じているところです。

「レコチョクの未来のため」に何が必要かを真剣に考え続けるまさに盛り上げ役。新卒の社員研修を率先して実施、研修の内製化プロジェクトを推進し、自ら研修担当も務める若手の頼れるリーダーです。

  • Q1 レコチョクで働きたいと思ったワケは?
  • A1 中学生の頃からずっとテナーサックスをやっていたり、ギターも10年位弾いています。そのため、「音楽とIT」というテーマで就職活動をしていて、ITを軸に何か音楽に関わる仕事をしたいと思っていたんです。インフラ系の大手企業からも内定をいただいたのですが、レコチョクのほうが「僕を必要としてくれている」という想いが強く感じられたので、その熱意に応えたくて入社しました。

    氏川博光 氏川博光
  • Q2 いままでで一番印象に残っているプロジェクトは?
  • A2 私は入社3年目ですが、これまでいろいろなプロジェクトのリーダーをやらせてもらっています。今年から新卒エンジニア職のプログラミング研修も担当しています。外部に委託するのではなく、全て社内でゼロから研修メニューを開発し、自分たちでオリジナルのプログラムを作り、講師も行いました。新卒研修といいつつ、このプロジェクトを通じて一番成長したのは私じゃないかと思います。

    氏川博光 氏川博光
  • Q3 いま注目していることは?
  • A3 今年からレコチョクではエンジニア一人ひとりのノウハウを蓄積して共有する仕組みを導入しました。とても積極的にノウハウがアップされています。1日2本から3本は新しい情報があがってきますが、それがものすごく参考になりますね。レコチョクは、エンジニアがスキルアップするための研修や、資料・書籍の費用を惜しまず支援してくれる企業です。外部セミナーに参加したエンジニアが、記事化してくれるレポートもあり、見逃せない情報だらけで刺激になりますね。

    氏川博光 氏川博光
  • Q4 お気に入りの場所や時間は?
  • A4 会社の近くにあるコメダ珈琲がオススメです。ソファも居心地が良いし、Wi-Fiも繫がるし。お昼休みにちょっとリラックスしに行くにはベストスポットだと思います。社内では常にいろいろなスタッフとコミュニケーションを取っているので、コメダ珈琲では一人の時間を楽しむことが多いです。

    氏川博光 氏川博光
  • Q5 みなさんへのメッセージ
  • A5 「スキルはどうでもいいです」というと言い過ぎかもしれないですね(笑)。でも私自身が新卒に期待するのは、「そんな角度から考えたことはなかったな」という新鮮な驚きを与えてくれることなんですね。プログラムのスキルを高めるための研修や、ラーニング手段は充実していますし、それよりも、「音楽業界を変えたい!」という想いの強さの方が重要だと思います。もちろんスキルの高い人も大歓迎ですが、そういう志のある方が入社してくれたら、一緒に変革を起こしたいですね。

    氏川博光 氏川博光
氏川博光 氏川博光