今まで以上にデータを活用していく文化をレコチョクの中で創っていきたい

#データサイエンティスト #新卒入社

福治 菜摘美 データサイエンティスト / 2017年新卒入社

思っている以上に“枠”がないことに驚きました

思っている以上に“枠”がないことに驚きました

ー 入社のきっかけは何ですか?

「逆求人」というイベントでレコチョクの採用担当に会ったのがきっかけです。後日お話を伺ったりしていくうちに、のびのびと枠組みにとらわれず仕事をしてそうだし、できそうだと思ったからです。

ー 入社前と入社後でレコチョクのイメージが変わった部分を教えてください。

入社後は思っている以上に“枠”がないことに驚きました。実際に働いている中でも「過去にやったから」「過去にできなかったから」という理由で物事を進めないように、とよく言われていますし、自分も後輩によく言っています。実際わたしも、これまでは社内にデータサイエンティストがいなかったのですが、雑談中にデータ分析に興味があると話をしていたら「興味があるならやってみる?」と言われ今の業務をはじめました。実際にデータ分析の業務を始めることになり少し驚きましたが、元々大学時代に行なっていた興味のある分野の仕事ができ嬉しかったです。

社内の分析者としての地位を確立していきたい

社内の分析者としての地位を確立していきたい

ー 現在どんな仕事をしていますか?

今はデータを活用したサービスの改善に関わっています。データに特化した業務を行っている人が社内に少ないこともあり、どういった役割を担っていくべきなのか、どんな働きをしていけばより良い事業に結びつくのか、ということを常に考えながら仕事をしています。

ー 現在の役割・業務での苦労、そしてやりがいは何ですか?

データに特化した業務を行っている人が社内に少ないので、専門的な内容で詰まったときに自力で解決しなければいけないですし、根拠をもたせながら、周りの人を巻き込んでいくことも難しいなと思います。また、自分の仕事として何が求められているのかに悩むこともありましたが、今は、かえって、自分で一から考えて、社内の分析者としての地位を確立していくことがやりがいに繋がるなと思っています。

今まで以上にデータを活用していく文化をレコチョクの中で創っていきたい

今まで以上にデータを活用していく文化をレコチョクの中で創っていきたい

ー 今後のビジョンを教えて下さい。また、2020年に業務でチャレンジしたいことはありますか?

今まで以上にデータを活用していく文化をレコチョクの中で創っていきたいです。現在、データ分析を担当しているメンバーと一緒に、今後、サービスでデータや分析結果をいかに活用していくことが理想なのか、という話を進めています。より理想に近づけるためには個人のスキルも求められてくると思うので、文化づくりだけではなく、スキルを伸ばしていくということも頑張っていきたいと思っています。

休憩時間は近くの喫茶店でコーヒーをテイクアウト

休憩時間は近くの喫茶店でコーヒーをテイクアウト

ー 最後に、おすすめのランチスポットを教えて下さい。

最近はお弁当を作ることも多いので、お弁当を食べて空いた休憩時間でコーヒーや紅茶をテイクアウトしにいくことがよくありますね。特に渋谷は紅茶専門のお店が多めなので、そういったお店を見つけると、とてもテンションが上ります!最近見つけたお気に入りのお店は「Brew Tea Co.」さんです。少し会社からは遠いのですが、気分転換になるので散歩がてら通っています。頭を使う仕事なので、リフレッシュしながら仕事をするためにも欠かせない習慣です。

採用情報

パンフレットダウンロード

弊社の採用パンフレットをダウンロードできます

採用パンフレット

採用パンフレット

(PDF 50.2MB)